浅草花やしき 浅草花やしき消印
バンダイナムコホールディングス
花やしきカレンダー パークガイド ご利用料金 貸切・団体様 アクセス 花やしき Blog
トップ> 会社概要 サイトマップ
浅草花やしきの概要
 花やしきは、江戸時代末期嘉永6年(1853年)に造園師森田六三郎により、牡丹と菊細工を主とした花園として誕生しました。明治5年頃からは遊戯施設が置かれ、その他にも珍鳥や猛獣の飼育、西洋あやつり大写真や山雀の芸等で大評判となり、かの大正天皇もお忍びで来園されるほど人気を博しました。
 その後、震災や戦禍により閉園を余儀なくされた時代を経て、昭和24年(1949年)に遊園地として再建しました。
 当初はビックリハウス、豆汽車、射的、鬼退治等規模は小さかったものの、入園無料の憩いの場として広く大勢の方々にご利用いただきました。昭和28年(1953年)には国産初の『ローラーコースター』、また昭和35年(1960年)には高さ45mの『人工衛星塔(現在のBeeタワー)』を設置、どちらも浅草の名物となり、街の発展に大きく寄与しました。
 昭和60年(1985年)2月には、開園以来36年間続けてきた入園無料の形態を風営法第8条の規制により変更せざるを得なくなり、有料遊園地として再スタートしました。
 以降、昭和60年3月、昭和62年12月、平成元年10月、平成5年3月と大規模なリニューアルを重ね、平成8年3月には、日本初上陸のアトラクション『スペースショット』を導入しました。平成19年3月には、久々の大型アトラクション『ディスク・オー』を導入しました。
現在は20機種のアトラクションと縁日広場、飲食店舗が所狭しと立ち並ぶ浅草の遊園地として親しまれています。
平成17年(2005年)4月には、総合芸能スクール「アクターズスタジオ」を設立し花やしきの新たなエンターテイメント部門として、また街の活性に貢献できるよう活動を進めています。
名 称:
会社名:
所在地:
TEL:
FAX:
アトラクション数:
敷地面積:
交通:



営業時間:
料 金:
浅草花やしき
株式会社 花やしき
〒111-0032 東京都台東区浅草2−28−1
03−3842−8780
03−3845−5855 (代表)
18種
5700平方メートル (1860坪)
電車…

車……
つくばエクスプレス「浅草」駅から徒歩3分
地下鉄銀座線・地下鉄浅草線・東武伊勢崎線「浅草」駅から徒歩5分
首都高速1号上野線入谷出口から言問通りへ。
ゴロゴロ会館右折してすぐ(専用駐車場/なし)
10:00〜18:00(営業時間は季節により異なります)
入園料
○大人(中学生以上〜64歳)
○小人(小学6年生以下)

1,000円(65歳以上 500円)
500円(未就学児 入園無料)
会社概要
会社名:
事業内容:
本社所在地:
電 話:
FAX:
設 立:
資本金:
従業員数:
決算期:

役 員:
株式会社花やしき
遊園地「浅草花やしき」の企画運営等
〒111-0032 東京都台東区浅草2−28−1
03−3842−8780
03−3842−8711
1985年4月15日
480百万円
30名
3月31日

代表取締役社長
取 締 役(非常勤)
取 締 役(非常勤)
監 査 役(非常勤)
弘 田 昭 彦
名 村  宏
平 野 高 史
仲 田 驕@司

(2014年4月1日現在)

花やしきアクターズスタジオ
花やしきまるごとレンタル!!
(C) Hanayashiki All Rights Reserved.